アマゾンや楽天でトレティヴァは通販できる?

メガホンでダメのサイン
重度まで進んでしまったニキビ治療薬として大変人気のトレティヴァ。
しかし、残念なことにアマゾンや楽天で購入することはできません

トレティヴァは、医療用医薬品にあたるため、医師の処方箋が必要なんです。反面、アマゾンや楽天で見かけるお薬は一般用医薬品とよばれる、ドラッグストアなどで購入できる商品のみ

また皮膚科や美容皮膚科で処方してもらっても、保険適用外のため病院で購入すると月に15,000~18,000円ほどかかるのが一般的です。しかし、アメリカをはじめ海外で販売されているのと同じ金額で購入できる方法があるのをご存知でしたか?
それが個人輸入代行を利用した通販サイトでの購入です。トレティヴァなら1ヵ月分4,000~5,000円ほどで購入できます

ナゼこんなにも販売価格が違うのでしょうか?
ココからはその仕組みに迫ります。

トレティヴァの通販はアマゾンや楽天ではできない!?治療薬の種類とは

薬のイラスト
そもそも、日本国内で購入できるお薬には、大きく分けて2つの種類があります。
 

・医療用医薬品
医師の処方のもと、購入できるお薬です。実際の医療現場でも使用されている、効果が高い治療薬ですが、その反面、気を付けなければいけない副作用があるのも特徴。

・一般用医薬品
一般用医薬品は、自分の症状に合わせて、自己判断で購入できるお薬です。ドラッグイレブンや薬局などで購入できます。さらに一般用医薬品は3つに分類できます。

一般用医薬品について

CMや雑誌、ネットなどしらべてみると、下記の医薬品の種類をよく目にします。
治療薬は効果がある半面、眠くなったり他の副作用が発生するリスクもあります
いつも何気なく購入しているお薬はどの分類にあてはまりますか?しっかりと確認していきましょう。

一般用医薬品 購入できる場所 販売者の説明義務 ネット購入
第1類医薬品 薬剤師がいるお店 書面での情報提供(義務) 不可
第2類医薬品 薬剤師or登録販売者 努力義務
第3類医薬品 薬剤師or登録販売者 ナシ

アマゾンや楽天で購入できるのは、一般用医薬品のみ。これは法律で決められていますが、個人輸入代行サイトなら、海外で販売されている医療用医薬品を合法に購入することができます。ナゼ合法なのか、その仕組みを解説していきます。

教えて!個人輸入代行の流れについて

個人輸入の主な流れは以下のとおりです。

【個人輸入】
個人輸入のイメージ
【個人輸入代行】
個人輸入代行のイメージ
※【違反・個人輸入のケース①】
違反の個人輸入代行のようす
⇒購入時はきちんとした優良サイトから購入しましょう。
信頼できるサイト選びのポイントについてはコチラから

輸入禁止薬とは?

個人輸入では、輸入が規制されている商品以外は海外から輸入することができます。
 

【輸入が規制されている薬物】
・覚せい剤および覚せい剤原料
・大麻
・指定薬物(亜硝酸イソブチル(俗称「RUSH」)、5-MeO-MIPT、サルビノリンA></strongなど人対に危害の発生があるお薬)
・その他(犀角(サイカク:サイの角)、麝香(ジャコウ:ジャコウジカの分泌物)、虎骨(ココツ:トラの骨)、熊胆(ユウタン:クマの胆のう)など)

まとめ

世界的に有名なアマゾンの通販サイトでも、トレティヴァなど医療用医薬品にあたるお薬を購入することはできません。楽天も同じく、購入できるのはドラッグストアなどでも販売されている一般用医薬品のみ。

しかし個人輸入代行を利用すれば、合法に購入できます。ビジネス目的や譲渡は禁止ですが、コンプレックスを抱えるニキビ肌を改善できるメリットは嬉しい!副作用や注意点も把握したうえで、服用を決めましょう